\週末ドコ行く?/みんなで作るお出かけ口コミサイト!

冬休み旅行

道路の渋滞はなぜ起こるの? 年末年始の渋滞ポイントや回避方法をチェック!

この記事のもくじ

掲載日:12.25

年末年始にクルマでおでかけする人は、とくに渋滞が気になるところ。そこで、なぜ渋滞が起こるのかを、ネクスコ中日本が運営するサイト「ドラプラ」を参考に紹介します。

一人ひとりの心がけが渋滞緩和のキーです。渋滞を緩和する方法や渋滞回避のポイントをチェックして快適なドライブを楽しみましょう。

<おすすめ記事>

【栃木県】車中泊スポット

【栃木県】いちご狩りスポット

なぜ渋滞するの? 3つの渋滞するポイント

道路の渋滞はなぜ起こるの? 年末年始の渋滞ポイントや回避方法をチェック!

「なんで渋滞が起こるの?」と思ったことは、クルマを運転する人は思ったことがあるはず。じつは渋滞が起こるポイントは大きく3つあります。ネクスコ中日本で紹介されている内容をチェックして、より快適にくるま旅できるようにしておきたいですね。

1.下から上りに変わる凹み部分や上り坂で渋滞が発生

 

1つ目のポイントは、下から上りに坂になる凹み部分(サグ)や上り坂による速度低下が原因です。速度低下で後続車がブレーキを踏み、そのまた後続車がブレーキを踏む…その連続で渋滞が起こってしまいます。

ネクスコ東日本では、渋滞発生地点であるサグに、「渋滞ポイント」という注意喚起の標識の設置を進めていて、なるべく渋滞しないよう対策がとられています。

2.合流付近による渋滞発生

異なる高速道路との合流地点(インターチェンジ)では、本線に入ろうとするクルマで、本線を走行しているクルマがブレーキを踏むことで、流れが停滞してしまい渋滞になることもあります。

また、合流する本線の流れが悪くなるため、後続車が右側の追い越し車線へ車線変更をすることで、追い越し車線側でも流れが停滞してしまうのも渋滞の原因のひとつです。

合流時は、十分に加速して本線の走行の妨げにならないようにしましょう。

3.追い越し車線の渋滞

走行車線を低速走行しているクルマを追い抜くために、追い越し車線にクルマが流れます。その結果、追い越し車線を走行するクルマ間の車間距離がつまってしまい、ブレーキを踏むとその後続車も同様にブレーキを踏み、そのまた後続車もブレーキを踏み、流れが停滞しまいます。

追い越し車線にクルマが集中してしまうことで、渋滞につながってしまうので、無理な車線変更などはやめましょう。

渋滞を回避するための4つのポイント

道路の渋滞はなぜ起こるの? 年末年始の渋滞ポイントや回避方法をチェック!

1.サグポイントでは速度低下に気を付ける!

下から上りに変わる渋滞ポイントは、意図せず速度が低下しがちなので、標識などで意識的にスピードを維持するようにしましょう! また、ブレーキの連鎖がおこらないために、前方のクルマとある程度距離をとって走行することも重要です。

2.過度な車線編はしない!

後続車にブレーキを踏ませ、結果的に渋滞の原因にもなる過度な車線変更はしないこと!

3.「速度回復」の指示に従う!

渋滞ポイント標識の指示通りに速度を回復するよう心がけましょう。

サグポイントに設置された「速度回復願います」や、渋滞最後尾付近の「渋滞終了」など、注意喚起してくれる標識にあわせて、速度を回復するのが渋滞緩和の近道!

4.合流後は左キープが鍵

合流ポイントの最も奥に「左車線をキープ」の標識に従い、追い越し車線にクルマが集中しないようにしましょう。車線変更時は、後続車にブレーキを踏ませないようにしっかり加速をしてから合流をすること。

年末年始はとくに道路が混みがち。なるべくスムーズにみんなが走行できるように、それぞれが心がけておきましょう。

ドラぷら公式サイト:https://www.driveplaza.com/

人気の記事タグ