\週末ドコ行く?/みんなで作るお出かけ口コミサイト!

【※閲覧注意】衝撃!日本国内のやばい交通事故映像15選!【ヒヤヒヤ】

【※閲覧注意】衝撃!日本国内のやばい交通事故映像15選!【ヒヤヒヤ】

この記事のもくじ

交通事故やあおり運転など、運転していると思いがけないトラブルに巻き込まれます。
その時にならないと判断はつきませんが、事前に「こういうことがある」という心構えがあるだけでも随分違います。

日本国内の交通事故の映像をまとめましたので、「こういうことがあるかもしれない」ということを頭に留めてもらえると幸いです。

おすすめ記事
2021年の自動車税はいつまで?コロナで手当てはある?PayPay、ペイジーでの払い方も徹底解説!
認知機能検査とは?料金や予約方法、試験の内容を徹底解説します【不合格はどうなる?】

全国の衝撃事故映像まとめ

 衝撃の事故映像1【閲覧注意!自転車が開いたドアで吹っ飛ぶ】 


安易にドアを開けるとこうなる!自転車が吹っ飛んで行った距離が衝撃を物語っていますね。後続車がいたらと思うとゾッとします。

 衝撃の事故映像2【閲覧注意!トラックが中央分離帯を越えてきた!】 


0:55~の映像が衝撃的。トラックがスピードをまったく落とす気配がないのが恐怖です。これは予測不可能。

 衝撃の事故映像3【UberEATSとベンツが事故!0:14にバイクが・・・】 


最近注目されることが多い、UberEATS配達員の事故。バイクが猛スピードで走っていくだけでも怖いですね。怪我はなかったようですが、かなりヒヤヒヤします。

 衝撃の事故映像4【過重積載の足場が!?0:21~ヒヤッ】 


バランスが悪いトラックは怖いですね。右折の遠心力がとどめを刺した感じです。運が悪ければ後続車が押しつぶされていたかも……。

 衝撃の事故映像5【せっかくの新車が・・・!正面衝突事故】 


右折待ちで突然の衝撃!相手車のエアバッグも膨らんでいるのでかなりの衝撃だったと思います。新車だったということで持ち主の悲鳴がリアル。

 衝撃の事故映像6【ガッツリ事故ったサンキュー事故!0:16~前方に注目】 


ありがちな事故ながら、幹線道路なのでスピードもあってかなりの衝撃だったと思います。右折車がべっこり凹んでいて痛々しいです。

 衝撃の事故映像7【閲覧注意!人をはねる瞬間!】 


思わず目を背けたくなる瞬間ですね。歩行者も運転者もめちゃくちゃ怖かったと思います。怪我がなければ良いですが……。

 衝撃の事故映像8【アクロバティック!?車の上に着地してる・・・】 


右折車と直進バイクの典型的な事故ですが、吹き飛んだバイク運転者がアクロバティックに着地。双方ともさぞ驚いたことでしょう。

 衝撃の事故映像9【閲覧注意!夜の峠道で衝突事故】 


真っ暗の夜の峠道のコーナーで衝突事故!双方スピードが出ていたようでブレーキ音が凄まじいです。暗闇の事故ってこんなに恐ろしいんですね……。

 衝撃の事故映像10【閲覧注意!横転した車がこちらに転がり落ちる】 


あわやこちらも巻き込まれそうになるくらい横転してくる車がかなり怖いです。ギリギリ脇に反れることができたようですが、心臓バクバクしますね。

 衝撃の事故映像11【閲覧注意!足がすくむ駅前暴走車】 


駅前の人混みで、これはヤバい。思わず足がすくんだ映像です。全国ニュースにもなった事件です。

 衝撃の事故映像12【左折の巻き込み事故!バイクはこんなに衝撃を受ける】 


左折する時は本当に気を付けよう、と思う映像です。スーッとバイクが滑って倒れていく様は血の気が引きますね。

 衝撃の事故映像13【閲覧注意!猛スピードで車が吹っ飛んでいく】 


事故の瞬間は0:30~
軽自動車、すごいスピードで突っ込んでいますね。映画の撮影みたいな勢いで、唖然とします。

 衝撃の事故映像14【閲覧注意!衝撃音がすごい!高速でバスに・・・】 


え!何これ!?という驚きの事故映像。いきなり車が吹っ飛んできたら意味わからないですよね。観光バスなので乗客も多く、全国ニュースになりました。

 衝撃の事故映像15【閲覧注意!赤信号を猛スピードで突っ込む】 

https://youtu.be/0a2MY8fVpa8

0:35~
スピードを出しているので、すごい衝撃ですね。見通しの良い交差点なのに、怖い。事故後の撮影主さんの行動に拍手です。

もし自分が交通事故にあったら?

事故映像を見ていると「こんな突然?」とか「ヒヤッとしたこと何回かあるな」と、恐ろしくなりますね。

ただ、実は交通事故の処理は事故現場から遠ざかった後が長いのです。
事故に遭った直後は気が動転して、お金のことまで詳細に対応できるような状態にありません。現場を立ち去ってから「お金の心配」をすることになります。

・車の修理費
・怪我の治療費
・事故現場からの交通費
・怪我で休んでいる間の休業損害
・諸費用を証明するための文書費

これらはいわゆる「保険金(慰謝料)」と言われますが、保険会社に請求しても納得できない額しか提示されない場合もあります。
なるべく早く安心して元の生活に戻るためにも、保険金の請求はとても大事なものです。

そこで知っておきたいのは正しい知識。
実は、保険金は弁護士に依頼することで自賠責や任意保険より多い額での保険金請求が見込めます。
それは「基準額」と言われるものが違う、という理由があります。これを知っているだけでも保険金額が倍以上違ってくることも!

下記サイトが詳しいので、是非確認してほしいと思います。
交通事故の保険金はいくらもらえる?算定基準別慰謝料の違い|交通事故弁護士ナビ

まとめ

交通事故は命の危険が差し迫る恐怖もありますし、その後の人生を精神的にも経済的にも大きく変えてしまうことに違いはありません。
決して他人事と思わず、「かもしれない」運転と、「正しい知識」を持つことを心掛けましょう。

同じカテゴリの新着記事

【※閲覧注意】衝撃!日本国内のやばい交通事故映像15選!【ヒヤヒヤ】

交通事故やあおり運転など、運転していると思いがけないトラブルに巻き込まれます。 その時にならないと判断はつきませんが、事前に「こういうことがある」という心構えが...
キャンピングカー

レンタルキャンピングカーの料金は? グレード比較・安く借りる方法

掲載日:2020.11.30 初めてキャンピングカーをレンタルするときに気になるのが「料金」ではないでしょうか。レンタルキャンピングカーは、車両タイプ(サイズ)...
キャンピングカー

コンパクトサイズのキャンピングカー登場! 初めてでも安心&充実設備

掲載日:2020.11.17 キャンピングカーレンタルサービスを展開する「株式会社Dream Drive」(ドリーム ドライブ)は、トヨタ・ライトエースをベース...
キャンピングカー

レンタルキャンピングカー利用者の人気おでかけ先は千葉県

日本最大級のレンタルキャンピングカーレンタル事業を展開する「ジャパンキャンピングカーレンタルセンター(Japan C.R.C.)」が、利用者に対して動向調査を実...
キャンピングカー

人気の記事タグ