\週末ドコ行く?/みんなで作るお出かけ口コミサイト!

車中泊でも女子力キープ!女性向け車中泊必須アイテムとは?

 

はじめて車中泊をする方向けに、車中泊をする場合これらのアイテムは用意しておくべき!という必須アイテムと、準備しておくとより快適な車中泊を過ごせるという快適度アップアイテムを、日頃から車中泊をしている筆者(女性)がご紹介します!

 

オールシーズン必要な必須アイテム5選!

 

  1. サンシェード

寒さや熱さの対策だけでなく、防犯対策としても必須!

本格的なものがなければ、銀マットで自作しても十分OKです。

 

  1. ランタン

夜の車内を照らす明かりとして必要です。

大小いくつかの照明レベルを変えられる物が便利です。

ランタンとは別でヘッドランプがあると、ライトを持たずに手元が見えてとても便利です。

 

  1. 銀マット

こちらは1番でご紹介した窓に取り付けて温度調整のための目的ではなく睡眠時にマットレスとして使う目的の用意です。

厚さが1cmくらいあるものがおすすめ。

体の下に敷くと、寝るときだいぶ楽になります。

 

  1. ガムテープ

ごみ箱を固定させたり、シェードを補強したり、何かとあると便利なアイテム。

だいたいの困りごとはガムテープで何とかなります(笑)

 

  1. 寝袋

季節にあわせて素材をダウン製(冬用)またはポリエステル製(春~秋用)など選びましょう。

冬季以外はジッパーで開閉できる封筒型寝袋を持っていくと、暑い日には敷布団としても使えるので便利です。

 

View this post on Instagram

『NANGA シュラフ』 RABAIMA BAG W . 季節に合わせて家族や恋人と . 夏の野外フェスやキャンプ等で活躍します。 眠りまでのひと時を楽しい時間にできる2人用のスリーピングバックシリーズ。 ペアの体温を感じられ、暖かく安心して寝ることができます。 子どもであれば、2人以上でも快適なサイズ感のため、ファミリーでも使うことができます。 . . RABAIMA BAG W 400 夏の野外フェスやキャンプ等で活躍。 STD(650FP) ¥46,000+tax . . #nanga #シュラフ #寝袋 #アウトドア #bornfree #bornfree1973 #placeinthesun #fashion #shiga #nagahama #ボーンフリー #セレクトショップ #セレクトショップ滋賀 #ライフスタイルストア #滋賀ファッション #滋賀 #長浜 【取り扱いブランド】 #thenorthface #patagonia #nanga #nike #adidas #vans #converse #hollywoodranchmarket #saintjames #milaowen #ungrid #levis #lee #porter etc.

A post shared by BORN FREE PLACE IN THE SUN (@bf_nagahama) on

 

 

快適に過ごすために、あったほうが良いアイテム

 

以下のアイテムは必須では無いけれども、あると便利で快適に過ごせるというアイテムリストです。

 

 

・マスク (車内が乾燥したときに)

・多めのタオル(温泉に行ける、車内乾燥時には濡らして加湿可能)

・耳栓(眠りを深くするために・・)

・S字フック (高い位置にランタンを固定、何かを乾かすなど)

・サンダル(脱ぎ履きしやすく、乗り降りのストレスを軽減)

・ウェットシート (あれば絶対使う)

・エアマット、まくら (キャンプ用のコンパクトなものがおすすめ)

・充電式の扇風機(夏)

・車用網戸(夏)

・虫よけグッズ(夏)

 

 

【逆に不要】くるまの旅ナビ編集部的、これはいらない!!

・水用タンク (2ℓのペットボトルがあれば十分)

・簡易トイレ(子どもがいれば必要かも)

・物干しロープ (括れる場所が少ない。窓にも取り付けられるよう吸盤がついているものならgood)

 

女性が快適に過ごすためのアイテム

 
・シートタイプの化粧落とし(水場が遠い、車中泊施設でお湯がでないことが多いため)

・ボディシート (すぐお風呂に入れないときに)

・サンバイザーミラー(前の座席のサンバイザーに装着できる三面鏡、メイクに便利)

・仕切りのあるバッグ/かご(化粧ポーチ、アメニティ、携帯、財布が夜の車内で行方不明になるので、一か所にまとめます)

 

女性筆者のおすすめ

 

マルカの湯たんぽ(春、秋、冬)

湯たんぽがあればすぐに寝袋内を温める事ができます。

ポイントはプラスチック製ではなく、昔ながらのマルカタイプの湯たんぽです。

お湯がネックだと思う方も多いですが、マルカの湯たんぽは直火OKなので、ガスコンロがあれば湯たんぽの中に水を入れて直火にかければお湯に早変わり!

カイロでも良いのですが、低温やけどにご注意ください。

湯たんぽの方が緩やかに長持ちするイメージで、朝が冷える春秋にも重宝します。

 

 

まとめ

 

実際に行く前に、必ず使うと思っていたアイテムを使わず、逆に準備の段階で思いも付かなかった物があれば良かったのに!という思いを車中泊初心者の方はみなさん経験されます。

今回の記事では何度も車中泊を実践し、持って行くべきアイテムを完全にリスト化した私の車中泊アイテムのノウハウをシェアさせていただきました。

 

車中泊される際はぜひ、参考にして快適な車中泊旅行を楽しんでください!

同じカテゴリの新着記事

もう汚ないとは言わせない!広くて綺麗おしゃれなトイレがある今どきサービスエリアベスト5

 

お仕事やご家族・恋人とのドライブや旅行など様々なシチュエーションで高速道路を利用する機会があると思います。
そんな時に必ず利用する施設といえばサービスエリアやパーキングエリアと呼ばれる長時間の運転の疲れを取る事が出来るドライバーのための施設。(*以下サービスエリア・パーキングエリアをまとめてSAPAと表現)SAPAでは食事したりお土産を買う事ができますが、同時に多くの方が利用されるのがトイレです!
この類の施設にあるトイレは汚い・不衛生というイメージがありますが、実は最近のSAPAのトイレは非常に清潔で広く使いやすいものが多く、とても快適に利用出来る施設が増えているんです。
そこで今回は、車中泊やドライブコースのノウハウを知っている私たち旅ナビ編集部が独自にSAPAのトイレ事情を調査し、広くて美しいトイレがあるSAPAをベスト5形式でご紹介します!

 

トイレが綺麗なサービスエリア ベスト5

 

第5位
港北PA(コウホクパーキングエリア)

港北PA https://kuruma-tabinavi.com/spot/10883/

神奈川県横浜市にある港北PAは東名高速道路から静岡方面に向かうとき最初に寄る立地。
東京方面から高速道路に乗ってすぐ、トイレに寄りたくなった時はここしかないというくらいの絶妙な位置にあります。

 

*おススメポイント
・壁紙がブラックで、高級デザイナーズマンションのような内装
・清掃頻度が高く常に清潔
・男性:大9個/小18個、女性:44個でトイレの個数が多い
・障碍者用トイレ、キッズ用トイレも完備

住所:神奈川県横浜市青葉区梅が丘32−30
営業時間:店舗による
フードコート(06:00~22:00)
ショッピングセンター(24時間)
コンビニ「デイリーヤマザキ」(24時間)

第4位
NEOPASA静岡(ネオパサシズオカサービスエリア)

NEOPASA静岡SA https://kuruma-tabinavi.com/spot/11100/

バンダイが展開中のガンダムショップが出店していることでガンダムファンには有名なSA。
NEOPASA静岡は、大型車71台、小型車128台も駐車できる大型SAです。
なので多くの利用者で賑わっていますが、トイレ数もそれ以上に設置されているので、順番待ちで困ることはありません。

ここはベビー向けのサービスが素晴らしく、ベビーカーの貸し出しや専用授乳室、調乳専用機まで完備。
赤ちゃん同伴の方だけでなく、ドッグランも併設されているので、ペット連れでの立ち寄りにもおススメです。

 

*おススメポイント
・広い駐車場と多数トイレがあるので順番待ちを気にせず利用出来る
・ベビーベッド付きトイレもあり、乳幼児連れのご家族も安心
・ドッグラン併設でペット連れでも気軽に立ち寄れる

住所:静岡県静岡市葵区小瀬戸1544−3
営業時間:店舗による
ショッピングセンター(24時間)
フードコート(5店舗あり、店舗により24時間)

第3位
海老名SA(エビナサービスエリア)

海老名SA  https://kuruma-tabinavi.com/spot/10862/

様々なメディアでも利便性・グルメやショッピング店舗の充実ぷりが取り上げられており、日本でナンバーワンのSAとの呼び声もある海老名SA。
中でも海老名メロンパンは非常に有名で、このメロンパンのために来られる方も多数います。

肝心のトイレはというと、人気SAだけあり、とても綺麗に保たれています。
トイレの個数も男性:大31個/小62個、女性:123個と多く、利用者数が多くても問題なく使えます。
清掃は高頻度でされているため、常に清潔。

おススメポイント
・ウッドテイストで温かみがある
・個室が多く脱臭力も強い
・施設の左右にそれぞれトイレがあるので近くに車を停めやすい

住所:神奈川県海老名市大谷南5丁目2−1
営業時間:ショッピングセンター(24時間)
フードコート(8店舗あり、一部店舗は24時間)

第2位
談合坂SA(ダンゴウザカサービスエリア)

談合坂SA  https://kuruma-tabinavi.com/spot/10511/

山梨県上野原市にあるSAですが、実はこの談合坂SAのトイレ、知る人ぞ知るトイレのおしゃれスポットとして有名なんです。

 

女性トイレにはおしゃれなお色直し用のスペースが用意されており、洗面台はフレーム仕立ての鏡を使っていたりと、思わずカフェのような見栄えでInstagramにあげたくなるような作りです。

トイレ台数も男性:大21個/小43個、女性:83個と多く利用に困りません。

住所:山梨県上野原市大野窪710
営業時間:ショッピングセンター(24時間)
フードコート(11店舗あり一部店舗24時間)

第1位
宝塚北SA(タカラヅカキタサービスエリア)

宝塚北SA  https://kuruma-tabinavi.com/spot/12276/

西日本最大の店舗棟面積と駐車台数を誇る2018年にオープンした新しいSAです。

南欧をイメージした非常におしゃれな建物外観の中には、トイレを説明する際には決して無縁だった「優雅」という言葉を使いたくなるトイレを備えています。

ほかのSAPAでは有りえない円卓の洗面所や設置位置にもこだわったトイレ、化粧ミラーなど、空間を使った美しさを感じられるトイレです。

 

住所: 兵庫県宝塚市玉瀬奥之焼1−125
営業時間:ショッピングセンター(24時間)
フードコート(24時間)

おわりに
大半の方がSAPAのトイレは汚い、不衛生というイメージをお持ちだと思いますが、今回ご紹介したトイレはそれらのイメージとは全くの正反対で非常に綺麗なトイレばかりです。
今後もこのように飲食スペースやお土産エリアだけでなく、デリケートなトイレという施設もどんどんとクオリティが増し、使いやすくなっていきます。

ぜひ皆様も高速道路を使ってお出かけの際は、様々なSAPAを利用してみてください!

人気の記事タグ